FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > お酒のこと① ハバナクラブ7年/ヒトリ酒ノススメTOP > みかげ > お酒のこと① ハバナクラブ7年/ヒトリ酒ノススメ

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒のこと① ハバナクラブ7年/ヒトリ酒ノススメ 2009.05.05

この俺がテーマやジャンルの項目をまともに設定するとでも?


さてさて俺のターンです

みんなの自己紹介を俯瞰したところアニメやらエロゲやらについては俺なんかより熱く語ってくれそうなので(一部、嫁について熱く語ってくれそうなのもいるが)
ここは身を引くとして、特に題材を絞らずに、時にはSEL氏のような自分語りも交えつつ自由に書いていこうと思います。
でも基本は日常よりレビュー的色彩が強くなりそう。
あ、でも小旅行記も書きたいかな。


第一回の今日はこれ。

お酒のこと① ハバナクラブ7年/ヒトリ酒ノススメ』

俺という人間の構成要素のうち半分を占めるのが酒。定額給付金は飲み会代に消えました。
まあ僕もお酒を嗜むようになってから3年1年経たないので紹介できる酒なんてたかが知れているんですが
その中から気に入った物をエピソードとともに紹介していけたらと。

所謂ラムです。
ちょうど文庫版の『夜は短し歩けよ乙女』を読んでいた頃で、物語中に黒髪の乙女の好物として登場したラムを、そういえば飲んだことがないと思った俺は、いるはずのない黒髪の乙女を探しに行くが如く、大学近くのバーに歩を進めたのであります。

普段なら友人たちとともに勇み足で開くバーの扉を独りで開くときに感じた一抹の孤独も、
お目当ての酒を目の前にすればなんのその。
根っからの「おひとりさま」主義者の自分は、見るからにチャラい合コンの一団や見るからにワイルドな外国人2人組といった先客たちを肴にラムをトニックウォーターで割ったグラスを傾け続けました。

普通の飲み会のペースで酒を飲むと何が何だか分からなくなるものですが、
自分のペースで飲むと逆に頭が冴えるんですね。
ラムの後もブラックニッカなどを1時間くらいかけてゆっくり飲みつづけ、
日々のいろいろな考えごとに思案を巡らせることができました。
これも一人酒ならではの醍醐味ではないかと。
黒髪の乙女こそ見つからなかったものの、面白い発見をしました。
次こそは。


肝心の味の方はよく覚えてません。
ラムはサトウキビからできていると聞き、なるほどそういえば甘みがあったなと感じた程度。
普段より強い酒を飲んでみたいなと思う甘党な方はぜひ。

コメント

No title

わかります。
あの本を読むと、無性に一人で飲み屋街をブラつきたくなる!
まぁ、大牟田にはあんな情緒のある飲み屋街なんて見当たらないし、
久留米においては夜の文化街などはかなり治安が悪そうで
そんな所を一人で歩いてたら即○仁会から射殺されかねないわけで。

っていうか学生街じゃないと黒髪の乙女なんて基本成り立たないしなー…。

2009.05.07 | URL | SEL #- [ 編集 ]

>U1君

ですよねー。
俺はあれ読んで京都大学に行きたくなりました。恐らく落ちるだけでしょうがw

しかし東京も下町とか以外は情緒に欠けるという点、大牟田と大差ないっすね。歌舞伎町なんかは別な意味で情緒溢れてますがw

これは京都旅行フラグが立ったかも・・・

2009.05.07 | URL | mkg #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。