FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > 漫画のこと①かしまし~ガール・ミーツ・ガール~/少女三角形TOP > みかげ > 漫画のこと①かしまし~ガール・ミーツ・ガール~/少女三角形

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画のこと①かしまし~ガール・ミーツ・ガール~/少女三角形 2009.05.18

二回目にしてかなりの長丁場です覚悟してくだしあ


あ、俺です。
実はこのblogの更新を凄く楽しみに毎日過ごしてます



第2回目の今日は、僕の人格形成に多大なる影響を与えた作品をご紹介します。



『かしまし~ガール・ミーツ・ガール~』




ご存知ない方のためにサクッとあらすじを述べると、
ガーデニング部の気弱な少年大佛はずむはある日宇宙船と衝突したのを機に性別が反転、女の子になってしまいます。
そんな「元・少年」大佛はずむと、その幼なじみである来栖とまり、はずむの初恋の想い人である神泉やす菜の三人が織り成す、
ドキドキ青春ラブストーリーというわけです。

2006年にはTVアニメも放映されました。
まだ九州にいたころなのでTVQで深夜2時30分から放映されていたのを見ていました。
その当時、リアルタイムで観ながら友人と交わしていたメールがまだ残っているのですがあまりにひどすぎてとても見せられたもんじゃないですwwwww



ちなみにローマ字表記はKA・SI・MA・SIです。間違えんじゃねーぞお前ら


以下、登場人物紹介をば。

・大佛はずむ(アニメ版cv:植田佳奈)
hazumu------!!!!!!!!

「どうしていまさらそんなことを言うのか 僕にはわからない」

はずむたんふーふー
本作品の主人公にしてメインヒロイン。
男の子だった頃の筋肉はしっかり女の子のむちむち色気肉に。てか他の女の子達よりぶっちぎりでスタイル良いってどういうことなの・・・
表情も凄く豊かで喜怒哀楽に富んだ様々な表情で僕らのハートを打ち抜きます。
拗ねるはずむにイマヤラレマシタ。
性格の方は男の子の頃と変わっておらず、心優しく優柔不断。この優柔不断さが故にとまりとやす菜は物語終盤までみっちり苦しめられるわけで、ラジオでは佳奈様にまで彼氏にはしたくないと言われるなど、結構酷い扱いを受けていますw


・来栖とまり(アニメ版cv:田村ゆかり)
かっわいいよ!かっわいいよ!とまりんりん!!

「ああ もう 認めてやるよ あたしは はずむが好きだ!」

『とまりん ~ト、t(ry』という同人誌を何故か俊哉君が持っていましたがそれはまた別の話。
我らが金髪(?)貧乳ツインテールツンデレとまりちゃん。髪を下ろした彼女にやられたおじさんも数知れず。
誰よりもはずむを理解しており、故に性別が変わってしまったことに誰よりも苦悩し、やがて自分の本当の気持ちに気付きます。
はじめは敵対視していたやす菜とも徐々に打ち解け、恋の好敵手として認めるようになります。
かしましという物語の裏面はとまりの成長物語といってもグルk…ミス、過言ではないでしょう。


・神泉やす菜(アニメ版cv:堀江由衣)
Toloveるの美柑にちょっと似てる気がしてきた

「・・・ううん、はずむ君こそが光」

アニメやラジオではビッチだの獣姦だのガチレズだのニシキヘビだの言いたい放題言われているやす菜ですが漫画の方ではそういった毒っ気がほとんど抜け、一躍薄幸の美少女に。
女の子になったはずむとの邂逅をきっかけに、幼い頃のトラウマを克服していきます。
健気な一面も兼ね備え、護ってあげたくなる女の子です。
まさに made in 女の子。


・摩利あゆき(アニメ版cv:浅野真澄)
ひみつのあゆきちゃん

「でも私は舞台には立たない 観客でいい」

冷静沈着な観察者にして誰よりも友達想いな女の子。
「舞台」に上がることをせず、影からはずむ、やす菜、とまりの支えに徹しようとするその真意は・・・?
中の人は良い意味で多才だが、アニメ・漫画通して一貫したスタンスを貫き描かれている数少ないキャラ。


・曽呂明日太(アニメ版cv:小野大輔)
パジャマパーティの真実

「もう みんな 一ヶ月前から知ってるんだよっ・・・!」

はずむの男の子の頃からの大親友。
アニメでは女の子になったはずむに懸想して、アレな妄想をしては暴走するただの童貞ソーヤングに成り下がってしまいましたが、
漫画の最終巻での男気に全俺が泣いた。そして妊娠した。


・ジャン・プゥ(アニメ版cv:新谷良子)
テンション上がってきた

「おねにーさま~」

もはや説明不要。
俺はこんなセクシャルな宇宙船を見たことがない。







先程ドキドキ青春ラブストーリーなどと言いましたが、
この漫画の妙味は寧ろその心理描写にあります。
繊細なタッチで描かれるヒロイン達の内面。もう、神業です。
消えてしまいたい。でも愛する人の心の中に残り続けたい。
そんな二律背反の中にある、真実の愛に少女はたどり着くことができるのか。

今だから言える。
かしましは青春―


てなわけで多少調子に乗って書いてしまいましたが
これを読んで少しでも気になった方、漫画を手にとってみてください。
あとアニメの方もぜひ。原作とは一味違うかしましが楽しめます。
ちなみにラジオは神すぎて笑い死ねます。ゲーム?ナニソレタベレル?








最後に一言。

「とまりちゃん、あのね!!」

コメント

あーこれは読んでみたくなる文。今度図書館(ねかふぇ)で見てみゆ。

2009.05.18 | URL | かんべ #- [ 編集 ]

君は俺が反応するよう書くのがうまいね。ラジオは超おもろいからみんなチェキるべき

うちゅう じん

2009.05.18 | URL | 104夫 aka bjm #- [ 編集 ]

>ケン坊
思わず熱弁になってしまったw
俺が心から出会えてよかったと思った数少ない漫画の一つだからぜひチェックしてみてくれ。

俺らあれ高校2年のころ見てたんだぜ?
相当危険な高校2年だよまったく


>俊哉殿
『とまりん〜と、とーっ、トアアーッ!!トアーッ!!〜』だっけ?
あれ続編あるらしいぞwwwww

ラジオやばいよね。
個人的に好きなのはほっちゃんの「石鹸食べる~♪」の下りとPCの方の「ほーら、プリンこぼしちゃうぞ~」のとこwwwあと馬しゃぶ事件も捨てがたいwww

2009.05.18 | URL | mkg #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。